ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

メッシ!ドイツ、バイエルン、ロナルドについて語る!インタビュー《ドイツの反応》





【スポーツビルト】

メッシがドイツ、バイエルン、PSG、ロナルドについて語る!


entry_img_1973.jpeg


メッシがスペイン紙マルカのインタビューを受けているが、その中で彼はワールドカップ、マンチェスター・シティ、PSG、バイエルンなどについて語った。




2018年のワールドカップについて

ドイツは今回もいつものように優勝候補だね。でもブラジルやスペイン、フランスも候補となるだろう。彼らはここ最近その強さを証明しているからね。ワールドカップにはさらに強くなってやってくるだろう。


スポンサーリンク





イタリア代表の予選敗退について

イタリア・サッカーもう昔のようではなくなってしまったのは事実だね。でもそれが原因でワールドカップ予選に敗退したとは思わないよ。イタリアのサッカーは変ったんだ。ミランやインテルのような大きなクラブは10年前のような強さはもうなくなってしまった。



チャンピオンズリーグでの優勝候補について

マンチェスター・シティがパリSGと並んで最も強いチームだと思う。この二つのチームはとても強力で安定した印象を残しているね。だけどシーズンは長い。レアル・マドリッドを優勝候補から消すことは決してないだろう。今はまだ結果が伴っていないけれどね。ここ数年がそうであったように最後まで残って来る事は確実だ。それはバイエルンにも言えるだろうね。バイエルンも大きなクラブだし、彼らも最後まで残って来るだろう。でも現時点ではシティとPSGがより良い状態なのは確かだね。




ロナルドが将来友人になれるかもしれない、と語ったことについて。

本当にそうなるかは分からないよ。友達というのは多くの時間を共有し、互いに知る事でなるものだ。僕たちは互いにコンタクトはないし、授賞式で一年間に一度合うだけだ。それが互いに言葉を交わす唯一の場面なんだ。こうした時は全てが順調だけれど、それ以外で接触することがないからね。




ロナルド対メッシの争いに割って入るのは?

バロン・ドール候補は多くいると思うよ。ここ数年は僕ら二人だけだったけれど、今ではネイマールやムバッペー、スアレスも獲得するにふさわしい選手だと思う。







以上です。

元々はマルカのインタビューですが、その抜粋がドイツ紙でも紹介されていましたので取り上げました。

現時点でのクラブの分析などを含め中々興味深いですね。今度パリSGとバイエルンが再び対戦しますが、どんな結果になるでしょうか?楽しみです。

[ 2017/11/30 21:35 ] サッカー ニュース | TB(-) | CM(7)
メッシ、ロナウド
この超人二人のプレイが見れるのもあと数年程度だと思うと悲しいね
[ 2017/11/30 21:56 ] [ 編集 ]
俺の予想はハインケスバイエルンの勝ち
[ 2017/11/30 23:19 ] [ 編集 ]
ブラジルW杯でアルゼンチンを応援していた身からすれば、今回優勝して欲しいですね。
それど、なんと言われようと、C・ロナウド選手とメッシ選手は歴史的な大プレイヤーですね。彼ら二人が今年も欧州の中心になるのか、とても興味深いです。
[ 2017/11/30 23:33 ] [ 編集 ]
「授賞式で一年間に一度合うだけだ。」

毎年そんなとこで会っちゃってるのが凄いんですけど…。
本当に当たり前の様に言いますね。

チャリティーでもなんでもいいんで
一回でいいから同じチームで
やってくれないかなぁ…。
[ 2017/12/01 01:41 ] [ 編集 ]
ムバッペてメッシから見てそんないい選手なんですね。
ちょっと予想外
[ 2017/12/01 02:08 ] [ 編集 ]
一番大嫌いだったドイツ代表を見るのが今は一番楽しいという。
時代は変わったなあと。
昔のドイツ代表は本当にひどくつまらなかったですから。
イタリアはやはりロベルト・バッジョですね。
これほどかっこいいサッカー選手は存在しない。
[ 2017/12/01 02:37 ] [ 編集 ]
成長ホルモンの噂がつきまとう以上メッシはあんまり興味ないな。
[ 2017/12/01 10:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。