ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

オバメヤン!ドルトムントと2021年まで契約延長していた!その謎とは?《ドイツの反応》




【ビルト】


2021年までの契約延長が明らかに!

オバメヤンの契約をめぐる謎!




entry_img_2007.jpeg



BVBスポーツ・ディレクターのミヒャエル・ツォルクは密かに行われた、オバメヤンとの契約延長をうっかり口にしてしまった。


スポンサーリンク


ツォルクはスカイ・スポーツのトーク番組で、オバメヤンとの契約が2021年の6月30日までであることをうっかり口にした。しかしこれまで知られていた彼との契約は2020年までとなっていた。



オバメヤンの契約延長をめぐる謎!どうしてBVBはこの契約延長を発表していなかったのか?



ビルトの情報によると、すでに一年前にはオバメヤンの契約は延長されていたようだ。しかしこの新たな契約に関しては、誰にも明かされることがなかった。それがなぜかは明かされていない。



このストライカーは2015年に2020年まで契約を延長していた。







以上です。

ツォルクがテレビ番組で語った事で契約を延長していた事が明らかになったようですね。西ドイツアルゲマイネ新聞の情報によると、その時給与が見直されたようです。

どうして延長した時点で発表されなかったのかは、本当に謎ですね。



[ 2017/12/18 06:00 ] オバメヤン | TB(-) | CM(10)
ロイス、ゲッツェ、シュールレら稼働率の悪いドイツ人選手に比べ、オバメヤンの給料は安すぎでしたので、上がって良かったです。
[ 2017/12/18 06:05 ] [ 編集 ]
まあ給与なんでしょうね、1年引き伸ばしを見返りに。
お互いの駆け引きだと思います。
オバメヤン側からすれば、(いつかは分からないが)移籍の意思は強いので、公には発表しないでおいてくれという感じなのかな。
[ 2017/12/18 07:00 ] [ 編集 ]
年俸+得点、タイトルのインセンティブでここ2~3年はクラブ内でもダントツで貰っていたでしょうがプレミアやらのビッグクラブに比べると明らかに差がありますからね
高給になったら出ていくという流れができないためにもお金出すとこは気前よく出してほしいです
[ 2017/12/18 07:01 ] [ 編集 ]
選手の契約延長に関しては株主に説明する義務は無いのかな?
[ 2017/12/18 09:06 ] [ 編集 ]
これは朗報
[ 2017/12/18 11:07 ] [ 編集 ]
ゲッツェの倍あげなきゃさすがにかわいそう
[ 2017/12/18 11:35 ] [ 編集 ]
やったぁ! イイニュースじゃないかぁ!・・・ってことでいいんじゃなかろうか。
給与上げたことで、誰かに引け目でもあるのかしら(謎 か?株上げたい時期が決まってたのかなぁ(すっとぼけ
[ 2017/12/18 14:29 ] [ 編集 ]
今ドルトムントからオバが居なくなったら大変な事になるような気がします。
オバ自身の事を考えれば上位クラブの移籍もいつでも可能なのでしょうが、
昨今の状況でドルトムントが毎試合ドッペルで得点重ねられるのも
オバがいるからでしょう。
[ 2017/12/18 20:01 ] [ 編集 ]
推測

2016年12月 オバメヤンと契約合意 契約開始2017年夏から オバの意向で春発表(様子見)
2017年4月 バス事件
2017年5月 トゥヘル解任騒動 延期に延期を重ねオバの発表忘れられる
2017年6月 ポカール優勝 発表チャンスだったが忘れられる
2017年7月 オバ ブチ切れて契約内容について代理人を通じて照会 移籍志願の噂になる
2017年8月 移籍の噂に乗じて本当に移籍志願する
2017年8月 却下され拗ねて、スキャンダルを起こす
2017年9月^ それも怒られてやる気を無くす
[ 2017/12/18 20:19 ] [ 編集 ]
株価のなんだらでCL決勝前にゲッツェのポカール前にフンメルスの移籍を発表してたのに変ですね。
[ 2017/12/18 21:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。