ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ポドルスキー!「Jリーグはまだ眠っている!代表も停滞している!足りないのはマーケティング!」日本の生活、サッカーについて語る!《ドイツの反応》




ケルナー・シュタット・アンツァイガー】



ルーカス・ポドルスキー、日本での生活とFCケルンの危機について語る!




entry_img_2018.jpeg



ポドルスキーさん、日本でシーズンの半分を過ごしましたが、慣れましたか?それともまだ見知らぬ世界ですか?

まだ見知らぬ世界という事はないね。でもそれは、僕がこれまでにいろんな経験をしているからかもしれない。代表だけでもそうだよ。もちろん新しい文化だし、故郷からも離れている。でもそれで参ったという事はないね。



休日の過ごし方は?

2日以上休みがある時は、この国を見ようとしているよ。例えば東京に行ったり他の街に行ったりね。サッカー以外でのものも持ち帰りたいからね。




移動手段は?

車か、スーパー電車だね。新幹線だよ。


スポンサーリンク





どこが気に入っていますか?

清潔な所、人々が親切な所だね。それから治安の良さも。日本のスポーツ用品店なんかは、特に盗難防止対策をしていないって聞いたよ。盗まれないから必要ないんだって。気持ちを表現するのは難しいけれど、とにかく居心地が良いよ。人々の距離感はオープンなケルンと比べると、いくらかあるように思う。時々そう感じるね。でもスポーツではもっと簡単だよ。




日本ではどのように振る舞っていますか?

いくつかは気を付けないといけない事もあるね。でもチームメート達は僕と似たようなユーモアを持っているんだ。でも売店なんかでは、そうじゃないね。




どのように生活していますか?

家族と一緒にアパートに住んでるよ。学校はそう遠くはないし、中心部までも10分ぐらいだね。窓から外を眺めれば、水、山、そして多くの緑が見えるよ。すばらしい眺めだね。本当に美しい国だよ。




そのまま外に行くことはできますか?すぐに気づかれます?

僕は日本人のようには見えないから、みんな気が付くよね。でもそっとしておいてくれるよ。この国はそれほどサッカーに対する注目度が高くないんだ。どちらかと言えば野球と相撲だね。最近日本のチームがアジアチャンピオンズリーグで優勝したんだよ。でも新聞での扱いは4面だったんだ。その時の一面は競馬、2面と3面は野球だよ。そして4面に小さな記事と、チームの白黒写真が載っているだけだったんだ。




他のスポーツも観戦しましたか?

野球だね。どちらかと言えば家族的なイベントだよ。子供と一緒にいってお土産を買い、スタンドで一日中飲み食いするんだ。相撲も観戦したけど、ものすごく興味深かったよ。舞台裏もね。力士の髪の結い方や、まわしの巻き方などね。とにかく人気が高いね。相撲の様な伝統を残している部分は、すごくクールだと思うよ。




クラブの環境はどうですか?

ドイツに比べると、それほどプロフェッショナルではないかな。代表選手として最高のレベルを知っているからね。でも神戸がそれと同じである必要もないけれど。僕も結構口出しして指摘したんだけど、彼らがそう望んだんだ。設備は、まあまあだね。僕たちは天然芝のトレーニング場を二つ所有しているよ。控室はFCケルンよりも良いんじゃないかな。まあ気になるのは、どちらかと言えば細かい事だよ。




クラブは、さらなる外国人を獲得しようとしていますか?

そうは思わないね。幹部たちにも、優秀な日本人選手を獲得するようにって言ったんだ。ポドルスキーやメッシを獲得したって、それだけでリーガで勝てるわけではないからね。日本人選手が良くならなければいけないんだ。Jリーグはまだ眠っていると思うよ。間違った人たちが動かしているんだ。多くのクラブが素晴らしいスタジアムを持っている。2002年のワールドカップの物もあれば、それよりも新しい物もあるよね。観客動員率もまあまあだし、雰囲気も良いよ。日本のファンたちは本当に素晴らしいよ。でも、このリーガの行先はどこだろう?って時々考えるんだ。きちんとしたマーケティングが欠けているんだ。残念だけれど日本代表の成長も停滞しているね。




あなたの日本語はどうですか?

普通だよ。



普通ですか?

基本的な文章は抑えてあるんだ。知らない言葉を聞いた時は、質問するようにしているんだ。だけど、ここに来たのは言葉を学ぶためではないよ。やりがいのある仕事を受けたからここにいるんだ。そして私生活も合っているからね。




どうしてアメリカに行かなかったのですか?

アメリカにいる多くの選手達と話をしたんだけれど、彼らはそんなに感動している様子じゃなかったんだよ。とにかく長旅で、アウェーの試合が何試合も続く。そうなるとまるまる一週間家に帰れないんだ。それから人工芝も多いんだよ。ただ違うのはマーケティングだね。これによってリーガは大分変っているよ。





ホームシックにはなりません?

ならないね。友人がいなくて寂しい事はあるよ。一緒に食事に行ったりね。だけど大丈夫だよ。このような一歩を踏み出した後は、それについて嘆いてはいけないんだ。ケルンが遠すぎてFCの試合を見れないよーってね。




あなたの日本での契約が終われば34歳になりますね。年を取ったと感じますか?

回復するのが遅くなっているね。それにこれまでのように走りたがらないかな。でもスピードはまだ大丈夫だよ。Jリーグもそんなに早くないからね。もちろんクオリティーは、しっかりしているけれど。

以下ケルンに対するインタビュー省略





エクスプレス】※インタビューより抜粋



日本で驚いた事は何ですか?

スポーツ面でのJリーグの評価がそれほど高くない事だね。発展が少なすぎるんだよ。何よりマーケティングにおいてね。日本ではサッカーに対して、それほど熱狂的でないことに気が付くね。野球は相撲がトップ・スポーツなんだ。だけど日本は2002年にワールドカップを自国開催しているんだから、もっとそこから何かをしなければいけないよね。







以上です。

ポドルスキーのインタビューがケルンの2つの地元紙で掲載されていましたので、シュタット・アンツァイガーの方を中心に抜粋しました。

日本のサッカー界の問題点に関して、なかなか良い点を付いているなと思いました。豊かな設備に対して、マーケティングの欠落を指摘していますね。それを動かしている人達が適切な人事ではないと考えているようです。日本代表の成長が止まっているという発言も非常に興味深いですね。

ポドルスキーの日本絶賛はすぐに広まるようですが、こうした意見にも耳を傾けてほしいと思いました。



[ 2017/12/24 06:00 ] ポドルスキー | TB(-) | CM(42)
日本のマーケティング下手はサッカーに限ったことじゃないな
まぁとは言え、仮にマーケティングが良くても相撲はともかく野球人気は抜けないだろうな

アジアのサッカーは天井が低い
仮にアジア敵なしACL何連覇とか言ってもだから何って感じだもん
どんなにJのチームが強くなっても本場のCLには永遠に出れないし
だから自ずとJリーグの伸びしろにも限界がある
[ 2017/12/24 06:36 ] [ 編集 ]
耳が痛いくらい的を射た指摘だと思うけど、サッカー人気と野球については時が経てば逆転することもあり得ると思う。おそらく若者そうだけで比べたら差はないもしくはサッカー人気の方が上なわけだし。
[ 2017/12/24 07:51 ] [ 編集 ]
そりゃ野球はマスメディア自身の持ち物なんだから永遠にそれより他のスポーツを優遇することなんてないよ
欧州じゃステマが違法なんて当たり前だからポドルスキは知らないのかもしれないけどね

これにばっかりはJリーグや日本サッカー協会を責める気はない
努力でどうこうなる話じゃないんだよ
むしろDAZNと契約したり、露出に関しては現状できる最善を尽くしてると思うよ
[ 2017/12/24 08:21 ] [ 編集 ]
日本のメディアでは、ポドルスキの発言のうち「Jリーグと日本代表の停滞」については省かれて報道されています。日本はジャーナリストもこんな感じですからね。新しいものが定着するには厳しい環境なのでしょう。
[ 2017/12/24 08:22 ] [ 編集 ]
観察眼と指摘が鋭いなと感じますね。
サッカー協会が全てを代表中心で考えがちなので、仮にもし代表の実力がもっと今より
落ちたらどうなるのか…という、憂慮すべき点は残っていますね。

Jとアジア全体がもっともっと今よりも数段レベルアップして、欧州や南米とやりあえるように
改善していかなければならない。 そう感じています。

ただ、野球人気は永遠に抜けない云々言っている内は、まだまだ努力が足りないのでは?
[ 2017/12/24 09:14 ] [ 編集 ]
✕Jリーグは眠ってる
○主力級の選手は全員海外のクラブに行ってしまうから、今のJ1は実質2軍

他のアジアの国が自身の成長ではなく、どんな手を使ってでも勝てば良いと言う欺瞞に満ちた結果主義の野蛮で稚拙で低劣なやり方を是正出来ない限り、アジアは永遠にレベルアップ出来ないし、それは相対的に日本も伸び率が悪くなるという事。

まぁ、だから日本はカネで動く国に見切りをつけて、東南アジアへの協力に力を入れてるワケだが。
[ 2017/12/24 09:28 ] [ 編集 ]
興味深かったのは何故アメリカに行かなかったのかです。確かにアメリカは広く長旅が多いですから家族との時間も少ない、家族がいるとそういう事情もありますよね。あと日本ではサッカー選手がドイツほど認知されていないから、神戸の人も外人さんとしか思わないかな。
それにしてもポドルスキ日本の事をよく見てますね。日本のJリーグは設備も給料もそこそこだし負けても外を歩けないわけでもない、ちょっとぬるい環境のように思えるので野心のある若者は海外へ。ある意味それは仕方ない面もあるけど何かしら改革は必要ですね。
[ 2017/12/24 09:40 ] [ 編集 ]
アジアサッカーの現状はその通りだけど、その前にやることはたくさんあると思う。
野球のように子供を育てる環境とプロで稼ぐのをそれなりのものにできていない。
戦国時代的に言うと限られた内政の力で戦をするばかりで、内政の目指す方向がない。
[ 2017/12/24 09:46 ] [ 編集 ]
たかがアジアで勝っても、という認識があること自体が日本でのサッカーの地位の低さを表してる気がします。毎年日本のクラブが優勝してるなら別ですが、そのノリだとW杯でベスト16いっても「たまたまでしょ」とか「今回は相手に恵まれた」程度のリアクションになりそうです。
サッカーに熱心な国(大国は除く)ではW杯に出るだけでも称賛されるでしょうしGLを突破すれば選手は英雄として扱われるでしょう。まだW杯に数回しか出てない国がGLで敗退したからといって選手たちを叩く。普段はろくに応援せず大会の結果だけ求められるのは選手も可哀想です。
ACLも日本のチームが勝ったんだ、程度の認識なんでしょう。
[ 2017/12/24 09:51 ] [ 編集 ]
野球は人気一時期落ちたけどメジャーホスピタリティ導入してファン層が縦に拡大した。ここは学ぶべき点かもしれないね。
日本サッカーがブレクスルーできないでいるのはスタでロボットみたく「おーにっぽー」叫び続けてるサポですら感じてると思う。何か根本的な部分が抜け落ちてる。技術的な部分だけじゃなく選手の姿勢や選手個人のサッカーIQが。だからワールドカップは当分期待できないでいる
[ 2017/12/24 10:03 ] [ 編集 ]
そうは言ってもマーケティングをどうすれば良いのかって言ったらがなかなか難しいでしょう。
プレミアリーグの始まりのようにイメージを一新するなんて現実的ではないので徐々にやっているのが現状。
確かに元犯罪者をアドバイザーに呼ぶとか有り得ない人事をしてるのでその上の人達は全員切って良いとは思いますけどね。

それよりも「それほどプロフェッショナルじゃないかな」のほうが気になりますね。
選手監督はとんでもなく厳しい世界ですし恐らくスタッフの事ですかね。
[ 2017/12/24 10:32 ] [ 編集 ]
ポドルスキーって誰?が一般的ですしね
マーケティング下手もありますが、特亜に旭日旗を突然批判されてそのまま受け入れるような軟弱なところも嫌われるのでしょう
サッカーはナショナリズムを高揚させる働きが高いのに逆に卑屈にしてますからね
MLSの様にリーグ全体でマーケティングしてるような参考にすればいいと思います
また最初から人気がある訳ではないのに、無駄なスタジアム要項もありますしね
まー一番の問題はブンデスリーガや欧州のクラブが日本の若手を安価で持っていくのと、それを許す土壌でしょうが
結局コアなファンしか見ない、興味を持たないってのが現状ですね
[ 2017/12/24 10:46 ] [ 編集 ]
やっぱり野球を知らない外国人からすると、野球はずっと飲み食いしながら観戦する競技だと認識されるんだね(爆笑)
彼の目から見た日本サッカーの環境って、サッカーも人気あるけどオージーフットボールとラグビーの人気には勝てないオーストラリアのように見えているんだろうね。
[ 2017/12/24 10:52 ] [ 編集 ]
ニュースサイトでこの記事を見て、ここで詳しく翻訳してくれないかなって思って期待してた!
ありがとう!
[ 2017/12/24 12:00 ] [ 編集 ]
Jリーグと代表のレベルが世界のトップクラスに上がらないと
少なくとも人気も一番にはならないんじゃないだろうか
代表も停滞気味か以前より弱いのが大きい
[ 2017/12/24 12:07 ] [ 編集 ]
こういうインタビューこそ国内メディアも取り上げて欲しいです
耳が痛い意見に過剰反応するのではなく、そこから何を改善しようとするかが大事ですね

ただ、仮にサッカー人気が野球人気を追い越したとしてもJリーグに観客が集まるかというと難しい所です
注目度が常に代表>>国内リーグという点、立地が悪いスタジアムが多い事、首都に大正義プロチームが無いのもマイナスかなと。
[ 2017/12/24 12:36 ] [ 編集 ]
たしかにMLSのマーケティングは本当に上手いよなあ。実際よりはるかに魅力的なリーグに映る。
[ 2017/12/24 12:49 ] [ 編集 ]
随所に渡る彼のコメントから彼の人柄も伝わり、日本のスポーツに対して、的確な観察、特にサッカーに関してのコメントは興味深いです。

飾らず、日本の良いところを世界に発信してくれて、本当にいい人だなと思います。

そして、日本での生活を家族と楽しんでくれてるようで、なにより嬉しいです。

[ 2017/12/24 13:06 ] [ 編集 ]
DAZNがどんどん介入してくることによっていい方に進めばいいなと願うばかり
興行としての面白さ、盛り上げっていうのは新日なんかのプロレス団体や過去で言えばK-1等、上手な人もいるんだけどね。外部から人を入れない体質なのが日本のスポーツ界の悪いところなんだろうなと思います。
興行として面白ければ当然耳目が集まるし、それが長期的になればなるほど国民的スポーツとして根付いていくわけなので。
[ 2017/12/24 13:49 ] [ 編集 ]
マーケティングとなるとスポーツ面よりビジネス面の話ですよね。
停滞という表現はいい所を突いていて、読んでいてはっとしました。

日本の組織は称賛を受け入れ、外からの批判を嫌がります。
結果、最悪の状態になってようやく改善に動き出すと。
適切な人事ではないという点まさにその通りだと思います。

無能ではないのでしょうが、しっかりとマーケティングできる有能な人物をトップに雇うべきですね。
[ 2017/12/24 15:38 ] [ 編集 ]
まあサッカーよりも、野球も相撲はもっとマーケティングダメなんだけどね
世代的に野球と相撲しかない時代が長く続いて
それによって稼いでいたスポーツ紙やテレビの顧客といまだに結びついているだけで
それによってサッカーは相当の努力が必要になっているんだけど
マスマーケティング的な戦略があんまりないんだよな
[ 2017/12/24 15:38 ] [ 編集 ]
UCL出れないとか言ってもそれはアジアの価値を上げる以外にないでしょ。じゃあJは何してるかって言ったら価値を上げる方法が国内から足りないって言ってるだけ。報道関連の工夫や仕方も野球みたいに毎日するわけでもないから定着するわけないよね。
[ 2017/12/24 15:40 ] [ 編集 ]
天皇杯残っているのに帰っちゃって神戸は舐められているんじゃないの?
[ 2017/12/24 16:16 ] [ 編集 ]
サッカー日本代表戦の視聴率がいいことに放送権利を獲得しようと各局は競ってはいるけどJリーグの地上波放送はほぼしないという有りさま。
日本にはサッカー人気が上がっては困るある方面の人達がいることも事実だ。
ただ、欧州と違ってACLの移動距離が長すぎるのを問題視しないのはおかしな話だ。
往復地球半周なんて当たり前の移動距離は酷いの一言。
そんな過酷な移動と旅費を消費するのにもめげずに応援に遠征するサポーターには頭が下がる思いだ。
[ 2017/12/24 16:38 ] [ 編集 ]
 Jリーグがマーケティングが下手なのはその通りだと思います。日本だとTVを通じてというのは大人の事情で現実的ではないので、ネットを活用してもっと上手くやれるんじゃないかと思っています。

 ブンデスやプレミアもネットを積極的に活用している。ただ雑多に情報を垂れ流すのではなく、人々の関心を引ける見栄えのある情報だけをSNSに流すなど、よく考えられているなと思う事が多い。
[ 2017/12/24 16:46 ] [ 編集 ]
マーケティングが不足しているというのは具体的にどういことなのかもっと掘り下げて聞いてほしかったな。
[ 2017/12/24 16:53 ] [ 編集 ]
面白い記事ありがとうございました。
ただ皆さんのコメントで少し気になったのですが、ここにコメントされる位サッカー好きなのに観戦は殆どなさっていない様な印象を受けました。
私は、野球は年1回くらい、相撲は今までに数回しか観戦したことが有りませんが、やはり席でのんびり飲食(酒やビール飲みながら…)の優雅なもので、それはそれで楽しいですが、サッカーはそんな余裕もなく、必死で声掛けまくって絶叫しながら観戦してます。でもサッカーほどテレビと生が違う競技は有りませんね。ピッチが広く画面に映りきらないのも大きいと思いますが、テレビで眠くなる地元チームの醜い試合も生だとものすごく興奮します。
日本サッカーの未来の為にも、皆さんJリーグ観戦しましょうよ。
[ 2017/12/24 17:02 ] [ 編集 ]
スポーツ新聞はおじさん方が出勤途中に読むもので、野球競馬がメインで当たり前と思っているんですけど、これ偏見ですかね。。野球とサッカーの歴史は全然違うし、だれかポルディに説明してあげてと。サッカーは雑誌は充実しているように思うのですが。
[ 2017/12/24 20:09 ] [ 編集 ]
貴重な言葉ですね
なかなか冷静に言ってくれる外からのしっかりとした人って、ほんといないですからね
これは宿題にしたいです
[ 2017/12/24 20:15 ] [ 編集 ]
2ステージ制に戻すって言ってた頃に比べれば雲泥の差だけどね
DAZNで投資するだけの資金は確保できたし専スタ徐々も増えてきた(作った所が軒並み低迷してるけど)
デジタル面も映像著作権を取得したおかげで積極的に活用できるようになった
アジア戦略もようやく芽が出てきたしスポーツマーケティングの人材の斡旋や育成も始めたしね
5年後10年後の見通しは出来てる
[ 2017/12/24 20:19 ] [ 編集 ]
サッカーを観戦しに行った時感じたのは、とにかくイベント感がなかった、ただ試合を観戦しただけで帰路についたって言うイメージ。料金分楽しめなかったというかなぁ、なんというか特別感がない。
野球とプロレス見にいったときはとにかくもうイベント感満載でただ見てるだけで楽しいっていうか、見た後も余韻が残り時々思い出してはそれだけで長く楽しめた。
知らない選手だらけなのになんか試合してる場所が輝いて見えるんだよね、
サッカーも観戦したときに楽しめるようにもっと工夫してほしい。とりあえずは各席が遠いのをなんとかしてくれ。遠いなら無いなりに楽しめるように野球のようなあの独特な雰囲気で楽しめる空間づくり?をしてほしい。
[ 2017/12/24 20:20 ] [ 編集 ]
20数年前までどマイナースポーツだったものがマイナースポーツになってるだけだしなあ日本では
可能性があったらもっと前から人気出てると思うよ
[ 2017/12/24 20:48 ] [ 編集 ]
グローバリズムが進むほど日本は弱体化して当たり前。
サッカーが国技の国は、それだけ昔からの伝統を大事にしているし、しっかりと生活に根付いていてさすが欧州という感じです。
日本であれば、相撲や野球を守るのは当然ですが、グローバリズムに飲み込まれて、もはやスポーツに関わらずアイデンティティの無い国になってしまってますね。
[ 2017/12/24 21:34 ] [ 編集 ]
日本人は、責任の押し付け合から脱却できるのか?
ポドルスキ選手って、本当に深い洞察力あるよね。

彼の指摘した事って、常に模範的であろうとする我々日本人の弱点でもあると感じる。日本人って肝心な部分で他人任せ。身を削り死ぬ気で頑張るのは、実は他人からの評価を上げて、その見返りを受ける為なんだよ。

でも、ドイツっていう国は排他的な国だけど、新たなワールド・スタンダードを築こうとする所があるから。豊かで柔軟な発想を持っているし、好きな事に熱狂的になる国民性はとても素晴らしいんだけど、シンプルさが欠如しているし嫌いな事を放置して、後でとんでもない大問題に発展したりするからなぁ。

だから、ドイツと日本を比べてみれば、やっぱり日本の方が一枚上なんだと思うよ。相撲は伝統文化だから仕方がない。野球も継続して長年人気だったからね。ポドルスキの指摘する日本サッカーの弱点は「方向性の欠如」だと思うんだけど、日本人って‥‥ほら余計なモノは省いてしまうから。

日本人は何かを決断する前に熟慮をするのが癖になっている。でも寝ずに考えた結果が「何もしない方が無難」っていう恐ろしい結論になったりするアメージングな国、それが日本なんだよ。「方向性」だとかそういう面倒くさいのが嫌い。失敗を恐れ自分の保身ばかりを考える亡者の国の民の1人だよ。残念ながら私も。

ポドルスキにすら見破られているんだから、ここらへんで、私達は真剣に自分達の「保身傾向」の害悪について反省しなければならないんじゃないの?(笑)
[ 2017/12/24 23:39 ] [ 編集 ]
野球偏重は野球を刷り込まれて育った最後の世代が社会の中枢に居るからねぇ
野球が日本スポーツの癌と言われる所以もそこにある
日本式相撲は日本限定という価値があるが
国際的マイナーかつ非オリジナルの野球に財産的価値がない事に
昭和の老害共は見て見ぬふりなんだよな…
[ 2017/12/25 01:50 ] [ 編集 ]
ポルディからみたら同じドイツ、プレミアでやってた香川、岡崎を外す
日本代表とか意味解らんでしょうね
真剣に選考してチーム作りしてるのか、と
[ 2017/12/25 02:01 ] [ 編集 ]
マーケティング言うてもなぁ
サッカーは日本じゃ後発だから欧州と比べたらそりゃ足りなく感じるよ
そもそも日本はプロスポーツの市場小さいから
[ 2017/12/25 03:39 ] [ 編集 ]
日本における野球や相撲が、ドイツにおけるサッカーなだけ。
それにも関わらず、「日本が駄目」という発想がまさに自虐史観。
[ 2017/12/25 09:07 ] [ 編集 ]
正直、サッカーは欧州のものであって、我が国は分をわきまえていればいいのでは?と思いますがね。
夢ばかり見過ぎず、分相応であった方が良いですよ。

[ 2017/12/25 09:18 ] [ 編集 ]
Jリーグ生観戦は数えるほどしかありませんが(引っ越しで応援し始めたクラブから離れてしまったので)毎度毎度衝撃を受けましたけどね私は。
とにかく同じ人間とは思えないキレのある動き、一般的にテクニシャンの印象が無い選手でも異常に上手い事を生で見て初めて知ったので。
何気ないドリブルも細かいフェイントを入れまくってて迫力が凄かったです。
不思議なのはテレビ越しだとそれが全く伝わってない事ですね。
他には証明やカメラ、音楽などはもっと工夫出来るし即効性が高いと思いますね。
[ 2017/12/25 11:54 ] [ 編集 ]
ポドルスキーは相変わらず良い所を突いてくれますね

まだまだ日本ではフットボールが定着しているとは言い難いんですよね
地元のJのクラブに愛着があるかというとそこまででは無いって人達も多いでしょう
ただ日本のフットボールのレベルが低いからといって
観ている側が卑屈な発想や行動をしていたら改善していかないように思います
[ 2017/12/27 19:11 ] [ 編集 ]
サッカー小僧だったワイも年食ってからは相撲と野球しか見なくなったしなぁ
魅力がないんだよね
[ 2017/12/30 06:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。