ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

宇佐美!4試合連続ゴールで高評価!原口も!選手採点と寸評《ドイツの反応》



entry_img_2194.jpeg

RPオンライン】


ヴォルフ 3+

シャウエルテ 2-

ホフマン 2-

アイハン 2

ギーセルマン 3+

ソボトカ 2

ボジェク 2

宇佐美 2-

前半は彼の右サイドを経由することはあまり見られなかった。しかしフリーキックなど、何度かミドルシュートを試みた。同郷の原口の良い連携を見えた。そして2:0へとつながる見ごたえのあるゴールを見せた。

フィンク 2

原口 2

この日本人は84分に渡って止めることができなかった。力強いドリブルやパスを見せた。宇佐美との連携から良い場面を見せていた。彼のプレーは1部リーグに相応しい。

ヘニングス 2

スポンサーリンク






西ドイツ新聞】


原口がフォルトゥーナを勝利に導く!

ヴォルフ 2-

シャウエルテ 3+

アイハン 2

ホフマン 3+

ギーセルマン 3+

ソボトカ 2-

ボジェク 2-

宇佐美 2-

カウンターではよりはっきりした動きをしなければならない。何度か良い攻撃を無駄にしている。それ以外は良く走って相手チームのヴォルツェに対処していた。2:0の場面では彼の素晴らしいシュートテクニックを披露。

原口 2+
自身を信じ勇気のあるプレーをみせ、何度か良いカウンターの起点となった。良い動きで彼を止めることは難しく、フォルトゥーナ最高の選手だった。

フィンク 2-

ヘニングス 2

ローレン 2-






以上です。

原口選手と宇佐美選手が引き続きデュッセルドルフで活躍しましたね。これは嬉しいニュースです。まだワールドカップまで時間がありますから、それまでに得点をどんどん増やしてアピールしてほしいですね。





[ 2018/03/12 09:18 ] 宇佐美 | TB(-) | CM(10)
日本人が同じチームで活躍するのはなかなか聞かないんで嬉しいですね。
このまま継続して結果出せれば、W杯もそのまま両サイドのセットで代表に落とし込めるかもしれないんで利点も大きいかもしれないですね。
[ 2018/03/12 09:28 ] [ 編集 ]
みんなW杯にむけて調節してきてるね。最後のアピールだ
[ 2018/03/12 11:26 ] [ 編集 ]
宇佐美は浮き玉(ボレー)蹴らせたら
日本一だわな
前試合の
ルーズに(浮かせて)トラップしてからの
ボレーも凄かったな
[ 2018/03/12 11:28 ] [ 編集 ]
ゴールに迫るシーンでは、ほとんど原口が絡んでましたね!
宇佐美もゴールを決めて良かったですね!
[ 2018/03/12 12:46 ] [ 編集 ]
すんごいシュートでしたねぇ〜!
[ 2018/03/12 13:56 ] [ 編集 ]
やはり宇佐美はシュートの上手さやテクニックは日本一。
試合を通しての内容や貫禄は圧倒的に原口に軍配が上がるが。

この対比が面白いものですね。
[ 2018/03/12 17:34 ] [ 編集 ]
ライブで見てました。
原口は脳震盪の影響も大分無くなった様で、守備に大活躍。
宇佐美はどこに居るのかな?って感じでしたが、最後にゴラッソゴール。テクニックは凄いですね。
絶対的なサイドのエース、ラマンが居ますから、彼が練習に戻ってきてからが本当の勝負。今迄勝負にもならなかったから、宇佐美の踏ん張りどころですね。
[ 2018/03/12 18:22 ] [ 編集 ]
宇佐美は同じ日本人の選手が居た方が気が楽になるんですかね
[ 2018/03/12 20:39 ] [ 編集 ]
この試合を見て思ったことは、宇佐美選手と原口選手を足した選手がほしいということですね(笑) 冗談はさておき、サッカーはチームスポーツですから、彼らがお互いに高めあっている姿は頼もしいですね!
[ 2018/03/13 01:12 ] [ 編集 ]
原口はわざわざ他選手と足すまでもなく、文句なしに素晴らしいですよ。
監督にも「一流の中の一流」と言われていましたが、ピッチ上での振る舞いを見て納得しましたね。
とにかく戦える選手で、リーダーシップに長けているし、試合を読める頭の良い選手。
凄まじい成長と進化を遂げているなと感心してしまいました。
[ 2018/03/13 15:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。