ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

バチュアイ、パスラク!ドルトムント、4人のローン移籍の選手の将来は?《ドイツの反応》





フスバルトランスファー】


4人のローン移籍!BVBの計画とは?




entry_img_2199.jpeg


ハンス・ヨアヒム・ヴァツケはすでにこの夏の改革を宣言している。フスバル・トランスファーが4人のローン移籍の選手の役割について語る。




フェリックス・パスラク(19歳、ホッフェンハイム)

BVBは彼とジェレミー・トルヤンを交換した。しかしパスラクはホッフェンハイムでまだ安定していない。プロチームでは4試合にしか出場できていない。2019年までとなっているローンが、この夏に終わる可能性がある。そうでなければ彼の将来が危うい。

スポンサーリンク





デニス・ブルニチ(19、シュトゥットガルト)

ブルニッチはシュトゥットガルトに移籍したが、今の所まだブレイクしていない。今の所プロチームで8試合に出場している。タイフーン・コルク―ト監督の下ではまだ1度しかベンチ入りしていない。なので彼のシュトゥットガルトでの将来の見込みは薄い。一度BVBに戻って、それから2部リーガにローン移籍となる可能性が高い。




ヤコプ・ブルーン・ラーセン (19、シュトゥットガルト)

パスラクとともに、このデンマーク人はユースドイツ大会で3度優勝している。しかし冬にシュトットガルトに移籍した効果は表れていない。彼はまだ一度しかベンチ入りしていない。




バチュアイ

9試合で7ゴールに加え、スター性もあり、ファンの人気者だ。BVBはバチュアイを留めたいが、買い取りオプションはない。移籍金は6000万ユーロとみられている。ヨーロッパのトップクラブが彼を狙って来たら、BVBのチャンスは高くないだろう。






以上です。

若い選手たちが気になっていましたが、思ったようにプレーできていないようですね。パスラクは今シーズンドルトムントにいたらトルヤンよりも助けになったかもしれないですよね。彼にはリーダー性がありますし、リベリーに向かっていく根性もありますから、今のドルトムントにはいてほしいタイプです。



[ 2018/03/14 12:25 ] バチュアイ | TB(-) | CM(5)
ローンで出た3人とも上手くいってないのですね・・・
確かにタイプ的にパスラックいてくれたほうが良かった気はする。
この交換したのってトゥヘル方針の影響じゃないかなぁ。
同タイプより戦術幅広がる別タイプ好みそうだし3バックも使ってたしね。

しかしバチュアイは、やはりギリギリで難しそう・・・
[ 2018/03/14 12:53 ] [ 編集 ]
イサクをローンに出せとか言ってた奴が居るが、ローンに出したら同じ結果になってたでしょう
少しでもBVBのメンタリティを学べる分、クラブに居た方が良いに決まってます
それと若い選手なんですからトップチームじゃなく、U23でプレーさせとく方が良いと思いますけどね
トップチームの経験を積ませたいならオランダやベルギーに出すべきでしょう
[ 2018/03/14 13:00 ] [ 編集 ]
ブルニッチ、パスラックはすぐに戻さないとダメ。戻して汗かきやらせる。今のドルは中盤の底に汗かきがいないからヘンなことになってる。なので育成兼ねてやらせればいい。下のカテでは結果出してるからチャンス与えればいい。そこらのプレーヤーよりテクはあるから結果出るかもね。
ラーセンはサイドの人材が多すぎなので人員の調整次第だろうけど、前後の両サイドが出来るので、一時両サイドバックが下で不足になったこと考えると戻さないといけないんじゃないか?
バチュは知らない。値段次第じゃないですか?
[ 2018/03/14 13:10 ] [ 編集 ]
パスラクについて、管理人さんと同感です。
今更ですが、トゥヘルは若手の育成も上手でしたよね。今期ボシュやシュテガーの元で成長してたかは疑問ですが、トルヤンは怪我してないのに最近はベンチ外。

ラーセンは、最初の試合で即スタメン。浅野の強力ライバルかと思ったら、前半だけで交代させられ以後出場出来てない。その試合見てましたが、ドルトムントでちょこっと出た時の半分位の出来でしたね。トゥヘルが育成してれば…とか思ってしまいました。
[ 2018/03/14 18:29 ] [ 編集 ]
フェリ坊返して…
[ 2018/03/14 18:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。