ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!魔法のトライアングル!ロイス!サンチョとラーセンを絶賛!《ドイツの反応》

【ビルト】

reus20.jpg



ロイス、ラーセンとサンチョを絶賛!


ドルトムントの魔法のトライアングル!

ドルトムントチャンピオンズリーグでも1位だ!

ブンデスリーガで1位のドルトムントは昨日行われたチャンピオンズリーグでモナコを3:0で下し、グループ首位に立っている。


スポンサーリンク


ドルトムントの魔法のトライアングル!

またしても違いを作ったのがドルトムントのヤングスターだった。ジョーカーのブルーン・ラーセンは2度目のボールコンタクトでゴールを決め。さらにそのゴールをアシストしたのが今シーズンブレイク中のジェイドン・サンチョだった。これによって彼は公式戦9試合で9スコアポイントを記録している。そして残りはアルカセル(72分)とロイス(90+2分)が引き受けた。


ロイスは何よりもブルーン・ラーセンとサンチョと一緒にプレーする事を熱く語る。この二人はルシアン・ファヴレの下でいきなりレギュラーになったのだ。


ロイス:“攻撃に関してはみんな自由だ。監督が自由を与えてくれている。もちろんトレーニングである程度の解決策は用意しているけどね。だけどジェイドンやヤコプのようなストリートキッカーとプレーする事は本当に楽しいよ。このような選手がいてくれて本当に嬉しいよ。”


そして彼らのゴールへの嗅覚に対して、“今の所は凄いね。これからもそうであることを願っているよ。大変な仕事だけれど、今の所フィールド上では良い感じだよ。“と語っている。


これまでの結果:公式戦9試合で25ゴールだ。ドルトムントはここ3試合だけで14ゴールも上げている。


ラーセン:“みんな良いプレーをしたいと思っている。そして互いに助け合おうとしている。今では互いに良く知っており、その結果がこれだね。”


しかしディフェンダーのアカンジは注意を忘れない:“我々はまだ何も達成していない。だからこれからも集中していかないとね。それが重要だよ。”




以上です。


ビルトがこのような見出しを付けたのは、トゥヘル1年目のファンタスティック4以来でしょうか。

今度は魔法のトライアングルとのことですが、何度この見出しが登場するか見ものですね。これに加えてアルカセルも活躍しだしたら、また別な名前を考えるのでしょうか?

いずれにせよこの二人の若手は非常に楽しみです

[ 2018/10/04 21:00 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(8)
この三人はコンビネーションが絶妙ですよね。ここにアルカセルが加わるともっと面白く攻撃が展開されてワクワクします。
とくにラーセンはドルトムント内で誰も持ってなかった特徴があるので、アルカセルのマークを上手く外せる有力な選手になると思います。もっとゴールが大量に生まれそうです。ロイスのドヤ顔ゴールも見れそうで、試合が楽しみです!
[ 2018/10/04 22:36 ] [ 編集 ]
香川選手が入ってないなんてセンスがないですね
ですがここ最近のロイスやサンチョ、ラーセンの活躍は素晴らしいので素直に褒めましょう

香川選手もロイスや若手に負けずにトライアングルを破壊するつもりでスタメン争いに挑戦して欲しいです

[ 2018/10/04 23:01 ] [ 編集 ]
魔法のトライアングルは大げさだよ。
今シーズンのドルは公式戦で25点くらいとってるはずだけど、そのうち20点くらいは後半に取ったものだよ。つまり、相手のスペースがルーズになってから得点で、これは魔法とはいわない。魔法というのは、アイディアのあるプレーでガチガチのスペースをこじ開けることだよ。
なので、前にも書いたけど、若手には10番のスキルを身につけさせてもらいたい。これが出来たら前半からガンガン点取れる。優勝した時を見習ってもらいたい。あの時は10番やれるのが4人いた。香川、ゲッツェ、クバ、ギュンにスキルだけならレバンドフスキやフンメルス、グロクロにもあった。
タイトル狙えるクラブつのはほぼこんなんだよ。マドリーみたらいい。モドリッチ、クロース、ベイル、イスコ、ベンゼマは本職。移籍したクリスティアーノ、マルセロ、アセンシオなんかもやれる。
アタマがいいのがクロップだよ。リバプールの3トップは3人とも10番タイプにやらしてる。その下に元10番のミルナー、チェンバレンあたりを配置している。バルサもシティ、バイエルンなんかも似たようなもんだよ。だから爆発的に点が取れる。1人でいくらでもボール持てるプレーヤーが何人もいるんだからね。
ドルもこうなってもらいたいよ。監督のサッカーが10番タイプはいらないなどというのはとんでもないことだよ。タイトルいらないのか?と思ってしまうよ。
[ 2018/10/05 03:35 ] [ 編集 ]
サンチョがなんと18歳でイングランドA代表に招集されたらしいですね。素晴らしい事、これからの期待の選手です。
香川が移籍志願しなかったら、左サイドはロイスの指定席だったはず。1つずつずれてサンチョに出場機会が巡って来たからの色々ですよね。いつかサンチョがイングランドでエースになった時は、香川の事思い出してね(笑)
[ 2018/10/05 07:41 ] [ 編集 ]
スペースがあれば彼らの勢いは素晴らしいです。ただ対策されるのは目に見えてるので戦術のオプションが必要ですね。とは言え今はこの調子で勝ち点を重ねていけば良いと思います。その間に香川は怪我を治してコンディションを上げて欲しいですね。
[ 2018/10/05 08:17 ] [ 編集 ]
ロイス選手は今のところドルトムントに来て怪我なしで1シーズン戦えたことがありません。
100%怪我していますので、今シーズンもロイス選手が怪我したときにどうなるかですね。
おそらくそろそろ怪我しそうな気がしますので、非常に怖いですね;;
[ 2018/10/05 15:08 ] [ 編集 ]
魔法のなんとかも後半からスペースあったら前提なのがここでもバレてるという事はどうなりますかね。行く末を見届けたいですね。
[ 2018/10/05 16:11 ] [ 編集 ]
現在プリシッチは肉離れで2-3週間の離脱との事ですのでその間はサンチョ、ラーセンにサイドで違いを作ってくれる事を期待したいです。プリシッチも若手2人の活躍によって刺激を受けよりパフォーマンスが向上してくれることを期待したいです。特に数字に残る仕事をしてもらいたいですね。
[ 2018/10/05 17:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。